削孔機y97i4739AL 風速演算機能付差圧計

●風速…分解能:0.1m/s
●精度±1digit…フルスケールの0.5%
●サイズ…57×42×202(H)mm
●重量…300g
●電源…9V電池×1個
●選択可能単位…kPa、hPa、Pa、mmH_2O、mmHg、psi、inchH_2O、inchHg
●ダンピング表示機能
●差圧と風速(演算)を同時計測表示
 
「その他紹介」
 
水の流れが上または下方向の違いによる「下向流濾過方式」と「上向流濾過方式」があります。浄水場に入ってきた原水には、プランクトン、藻類、不溶性の有機物や地質に由来するコロイド状の懸濁物が多く浮遊しています。
 
マグネシウム分と結合して泡立ちが悪くなるというわけです。このことから、わが国の水道水の水質基準では、硬度を300mg以下としています。昧の面からいうと、硬度の高い本(硬水)です。
 
許容限度等について規定されている。騒音発生の特定施設は施行令で届出書の様式は施行規則で規定されている。この律は工場及び事業場における事業活動並びに建設工事に伴って発生する。
 
カロセル型の写真を示す汚泥の発生量も少なくしかも安定化している。ため汚泥の取り扱いが容易で運転管理の利点が大きかったため小規模処理施設としてオランダ以外の国々にも広く採用される。こととなった日本ではこのオキシデーションディッチ法は日光市湯元処理場で昭和に採用される。こととなったなんでもにロンドンで開催された回国際削孔機水質汚濁研究会議に参加した日光市の市長さんがこのプロセスを現地で見ていたく感心しこれを導入する。こととなったという逸話が残っている。オキシデーションディッチ法は日本でも小規模処理施設として現在最も採用例の多い。

EX739AL

y97i4739AL 風速演算機能付差圧計 (EX739AL)

定価(税込)
¥99,360
販売価格(税込)
¥99,360
在庫状態 : 在庫有り
数量